勃起サポートサプリ

勃起しなくて挿入できない悩み解決!ED(勃起不全)・勃起薬・精力剤通!
生活習慣病の人はEDになりやすい?

 食生活の欧米化が進んだことが生活習慣病の罹患率の上昇につながっているといわれていますが、それと同じようにストレス社会といわれる近年、様々なストレスを抱え込んだ挙句、うつ病を発症すると同時にEDにもなってしまうというケースも少なからずあるようです。
 また、EDは生活習慣病ととても深い関わりがあるとされています。
 その中で最もEDの患者数が多いのが糖尿病患者です。
 糖尿病とEDとを併発している患者の割合は、30代でおよそ30%、50代になると50%に上昇し、通常の2倍から3倍もの頻度になります。

 糖尿病を患う方がEDを併発すると、器質性EDと心因性EDとの両面を持った混合型EDとなる場合が多いといわれています。
 その場合、器質性EDの要因として挙げられるのは、糖尿病の症状にも挙げられる血管や神経、筋肉の障害です。
 血管や神経に障害が起こると血管が硬くなり性的な興奮を覚えても血管の膨張が十分に起こらなくなり、勃起力の低下につながるのです。

 生活習慣病は、その名からもわかるように生活習慣の乱れから起こる病気です。
 ということは、規則正しい生活習慣を身に付ければ防ぐことができるのです。
 病院に行く時間がなかなかとれないという方も多いと思いますが、近年では手軽に健康チェックができるように検査の媒体を郵送し、結果はインターネットで知ることができるというシステムもあります。
 そうしたサービスを利用し、早期に身体の異常を発見し対処することが長く健康と身体機能を維持するためには重要です。




copyright(c)
ED(勃起不全)解決NAVI
All Rights Reserved.